神経の痛みとはどんなものをいうのか?

By | 2014年2月1日

体が痛いけど、それが神経の痛みかどうかというのは自分ではよくわかりませんよね。

神経の痛みというのは以下の特徴があります。

まず、強い痛みが間隔をおいて出る、痛みが長期間続く、障っただけでも激しい痛みを感じる、しびれている様な痛みを感じる、電気が走る様な強い痛みを感じる、感覚がなくなるという様な症状は神経の痛みである可能性があります。

人間の体にはありとあらゆるところに神経が行き渡っていますので、どこに神経痛を感じてもおかしくありません。

どんな時に神経の痛みを感じるようになるのか?といえば、何かしらの病気やケガから引き起こされることが多い様です。

糖尿病からくる代謝障害、ヘルニアなどで神経に支障をきたしたきたした場合、腫瘍などで神経が圧迫されたなどがきっかけになっていることが多いそうです。

神経の痛みは原因がはっきりしている場合とそうでない場合がありますが、痛みの症状が長く続く場合は神経痛を疑ってみましょう。