神経の痛みの種類について

By | 2014年3月7日

神経の痛みといってもその種類は様々あります。

まずは多くの人が経験のある侵害受容性疼痛。

この侵害受容性疼痛はケガやヤケドなどで炎症や刺激で痛みを起こします。

ほとんどは急性なもので、腱鞘炎や五十肩の様なものもこの神経痛に当てはまります。

そして、最近多く見られるようになったのが、心理的な要因から来る神経の痛みです。

うつ病などが増えてきている昨今、ストレスを抱えている人も多く、そのストレスから神経痛を引き起こすことがあります。

また、帯状疱疹や糖尿病などの患者に多く見られるのが、神経障害性疼痛です。

check!…http://toutsu.jp/nerve_pain/(様々な神経の痛み)

この神経障害性疼痛はケガやヤケドをしてもいないのに、痛みがある場合などに考えられます。

神経って目に見えないものだから、ケガもしてないのにいきなり痛みがあったりすると不安な気持ちになりますよね。

でも、痛みが続く場合には医師の診察を受けて、まずは不安な気持ちを取り除くといいでしょう。